個人病院 看護師 給料

個人病院の看護師の給料相場は?

個人病院,看護師,給料,相場

看護師が勤務する病院は様々な形態がありますが、実際にそれぞれの病院で勤務するかで給料も変わってきますので、働く環境によって給料が変わってしまう現実をしっかりと理解しておく必要があります。

 

看護師という職業は離職率が高い職業だと言われています。

 

なぜ離職率が高いのか?それは給料が低いからです。特に個人病院は夜勤もないので給料が低い傾向にありますので個人病院で働きたいと思っている人は注意しなければいけません。

 

個人病院の看護師の給料は他の病院よりも低いと言われているのですが、実際にどれくらいの給料がもらえるのか?というと、20から24歳で平均で22万円の給料がもらえるようです。25から29歳で26万円の給料がもらえるようです。

 

30歳から35歳の看護師の場合29万円の給料がもらえるようです。36歳から40歳の看護師で34万円の給料がもらえるようです。40歳以上の看護師で37万円の給料をもらうことができるメリットがあります。

 

このように個人病院で働く場合は給料が低いですので注意しなければいけません。また離職を防ぐためにも給料がどれくらいなのか??をしっかりと見極めることが重要です。